BLOG一覧

住宅ローン 変動金利について

住宅ローン 変動金利

こんにちは。不動産の(株)アスリートです。

今回は変動金利について考えていきましょう。

平成30年5月現在、メガバンクの住宅ローン変動金利は0.625%程度。
※店頭表示金利は「2.475%」ですが、審査結果により金利優遇されるんです。

ちなみに35年固定は1.4%程度ですので変動はかなり低金利ですね。

しかし「変動金利」というからには「返済額がやたらに変動するのだろうか?怖いな。。。」といったご想像もあるかも知れませんが、

一定のルールがございます。 下記の3点を覚えておけばまずは大丈夫です。

その① 金利の見直しは半年毎

その② 返済額は5年間一定

その③ 5年毎に返済額の見直し:上限1.25倍

具体例として

3,000万円を変動金利0.625%で借り入れた場合 を例に考えていきましょう。


上記の条件で35年返済の場合、月額返済額は79,544円となります。

「その① 金利の見直しは半年毎」ですので、半年に1度金利の見直しが行われます。

しかし必ずしも金利が変動する訳ではありません。現状維持の場合もございます。

実際ワタクシも変動金利を利用していた期間がトータル10年ほどありますが、

金利が変動したことはありませんでした。

住宅ローンを変動金利で組むと半年に1度、銀行から金利のお知らせと返済予定表が送られてきます。

では仮に、金利が見直され0.625%から増減した場合にはどうなるのでしょうか?

ここで出てくるのが「その② 返済額は5年間一定」のルール。

金利が増減しても月額79,544円の返済額は変わらず、元金と利息の内訳が変わります。

わかりやすくする為にかなり大雑把に例えると79,544円の返済の内訳が「元金60,000円+利息19,544円」だったとします。

見直し後、金利が上がったとしたら「元金59,000円+利息20,544円=79,544円」といったように内訳が変わっていくのです。

この返済額が変わらない期間が5年間続いていきます。

そして最後の「その③ 5年毎に返済額の見直し:上限1.25倍」。

1年目から5年目までの5年間は、半年毎に金利が変更したとしても返済額は79,544円でしたが、

6年目から10年目までの5年間の返済額の見直しがございます。

金利が下がっていれば返済額も下がりますし、上がっていれば返済額も増えます。

しかし、急激な返済額の増加を防ぐために、上限を1.25倍にするといった規定がございます。

最初の5年間の返済額が79,544円だった場合、どんなに金利が上がっていたとしても、次の5年間の

返済額は1.25倍の99,430円が上限となります。 金利が上昇していて本来ならば100,000円を返済しなければ

いけない場合でも返済額は99,430円となります。

しかしその差額100,000円-99,430円=570円は払わなくて良いのか?

答えはNOです。 未払い利息として月々570円ちゃっかり計算されていきます。

将来的に金利が下がった時や、返済終了時に精算致します。

以上が住宅ローン変動金利の主な特徴です。

固定金利等の記事はまた今後改めてUPしたいと思います。

ぜひ、電話やメールで
お気軽にご相談くださいませ(^▽^)/

メールでのお問い合わせは
こちらから ↓↓↓
http://www.athlete-re.co.jp/plan/contact/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中古マンション探しはプロにお任せ
皆様の明日を作る

【不動産はアスリート】

ホームページを見やすくリニューアルしました!
http://www.athlete-re.co.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東京都知事(2)第093261号

株式会社アスリート

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-4-3
アドバンテージⅡビル 6階

TEL 0120-471-117
03-5829-8133

FAX 03-5829-8134

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最近の投稿